タイウォーリアマッサージ Thai Warrior Massage

タイウォーリアマッサージは古代のタイマッサージスタイルで、遠く離れたアユダヤ時代(1350-1767)の「ワットポー」でこのタイプのマッサージを教えました。

このスタイルのマッサージは、公衆衛生省によって不安定であるとみなされ、人々の健康に危険があると言いました。

このマッサージは、13世紀以前からのタイマッサージの伝統の一つです。

Warrior Massageは戦争から帰ってくる「戦士」を助けるために使われました。兵士は戦い疲れて痛んだ体でした。このマッサージは彼らがより強くなり、すぐに回復するのを助けました。

戦士スタイルのマッサージは、通常のタイのマッサージ技術と混ざり合い、マッサージ師は両方の足を使ってクライアントの身体に立った。

我々は、アユタヤ時代のフランス特使の出来事の記録からこれを知ることができます。

この使節は、フランス国王ルイの王位特使であり、ナライ王国(1600年)の治世の間に、両国の友好関係を発展させるためにサイアム(タイ)に任命されました。その後、これらの伝統的な方法を教える十分なタイマッサージ師がなく、戦士マッサージが消えてしまった。

マッサージの復活をもたらしたラッタナコシン期(18世紀)まではなく、再び人気を博しました。
「ワットポー」の時代には、いくつかのスタイルやテクニックが失われていました。

しかし、現在のタイのマスターである「マスタージャック」は、元の方法を研究し、追跡して危険でない安全な戦士のマッサージを完成させました。

マッサージは体の圧迫点に関係しており、マッサージ師の集中力マッサージ師の身体バランス力
を必要とする

戦士マッサージの技術を親密に理解しなければなりません。パフォーマンスを真似ただけで行うことは危険を伴いますのでしっかりと習ったマッサージ師さんの施術を受けるようにしましょう